プリザーブドフラワーのウェディングブーケのメリット

贈り物やインテリアとして人気のプリザーブドフラワーですが、結婚式に使うウェディングブーケの素材としても人気が高まっています。その魅力の一つは、生花ではできない色彩のアレンジができることです。



着色料を吸わせることで色をつけているので、青いバラなど自然界では見られない花を使ってブーケを作ることができるのです。

生花に比べて価格が高めなので躊躇するという人もいますが、事前に作っておけば、前撮り・結婚式・二次会と、何度も使いまわすことが出来てお得です。

特に前撮りでは造花で作られた簡易ブーケを使うことが多いので、プリザーブドフラワーのブーケにすることで式と変わらない華やかな写真を撮ることができるのが嬉しいポイントです。

式が終わった後にも記念として残るので、長期間幸せな思い出を楽しむことができるでしょう。

生花のブーケをプリザーブド加工や押し花加工するサービスもありますが、それにも決して安くはない費用がかかるので、初めからプリザーブドフラワーのブーケにしておくのがおすすめです。

日本経済新聞情報を見つけましょう。

生花のブーケは当日に作成することが多いのですが、そのために会場への搬入が遅れたり花屋の繁忙期にはちょっと雑な仕事をされたりと、トラブルが起こることも少なからずあります。

その点プリザーブドフラワーはかなり前から準備を進めることができるので、トラブルが起こる可能性がぐんと低くなるので安心できます。

ウェディングブーケを選ぶ際には、候補の一つとしてプリザーブドフラワーを入れておくのが良いでしょう。

プリザーブドフラワーの情報を提供しているサイトです。